TOPページ > 所沢ロータリークラブブログ

TOP
お知らせ
所沢ロータリークラブとは
役員・委員会紹介
年間スケジュール
所沢RCブログ
会員企業リンク
理事会議事録

所沢ロータリークラブブログ

 

ICU東ヶ崎潔記念ダイアログハウス

2014/10/21(火)
東ヶ崎潔氏は、日本人の両親のもと1895年にサンフランシスコに生まれ、第二次大戦中は両国のはざまで苦しみました。
その後英字新聞のジャパンタイムズの編集局長・社長・会長をされ、1968年に日本人初のRI会長に就任されました。
1953年に創立されたICU(国際基督教大学)の初代理事長です。
そして、ICUとRIに力をそそぎ、国際平和への願いをPARTICIPATE「参加し、実行しよう」(RI会長テーマ)で会員に呼びかけました。この思いを受けて世界平和の建設への対話(ダイアログ)の場として約19億円でICUは「東ヶ崎潔記念ダイアログハウス」を敷地内に2010年に建設しました。研究者や短期留学生の寮・国際会議室・学生食堂など併設されています。
日本のガバナー会は加藤ガバナー年度に2億円を34地区で寄付することを決め、その後3年間ガバナー会に委員会をおいて寄付を集めました。ガバナーや地区指導者が個人で一口10万円という雰囲気で寄付をされ、中には複数回寄付された方もおられます。クラブや地区の寄付を合計しても目標にはほど遠い状況とのことで昨年度ガバナーには再三寄付の要請がありました。しかも34地区の内個人・地区とも寄付がないのは当地区と秋田地区だけとのことでこの両地区は何とかしてほしいとのことでした。そこで中井年度は加藤パストガバナーに伺ったうえで地区として10万円を寄付しました。
ところで2002年からロータリー平和センターがICU大学院に設置されています。
平和センターはアメリカ、スエーデン、イギリス、オーストラリアにしかなく、ICUはこれまでに100人以上のロータリー平和フエローを輩出しています。現在は13期生で、先日(10月17日の会合)そのうち3人(アメリカ、インド、スペインからの留学生)がロータリアンの前でスピーチしました。 
尚、当日「揺らぐ国家と国際関係;国籍・無国籍から見る世界」と題する講演もあり、国民国家の成立が無国籍を生むという内容で、人間としてカウントされていないから実数は不明ながら少なくとも世界では1000万人、日本にも600人以上いるそうです。 教育などすべての権利が与えられない無国籍者が日本に多数いることに驚きました。 N
12:04 |未分類|

2570 地区会員数

2014/10/02(木)
資料によると2770地区と分割前の1987-88年度年初(7月1日)の257地区は94クラブで5246人でした。
翌1988-89年度(岡年度)は44クラブ2500人、ピークは1992-93年度(牧野年度)の51クラブ2853人です。
今泉・田中・金子・大館・寺山年度(1993-98年度)は2800人台を維持し、翌年から2800人を割り込み、毎年減少を続けています。
梅澤年度(1999-2000年)は55クラブ2563人、そして真下年度(2008-09年)に2000人の大台を割りました。
前年同日対比で最大のマイナス(165人)が本塚-梅澤年度で、次が梅澤-高橋年度の133人、3位が牛窪-高山年度の120人、4位が真下-加藤年度の110人と年間100人以上の減少が4回ありました。
2012-13年度(鈴木年度)の年初は1722人でしたが、中井年度年初は1696人ですから26人減少です。
所沢ロータリークラブは創立時30人でしたが、平成4年、5年と7年の年度末(6月30日)会員数は100人以上(最大は平成5年度末の104人)でした。
所沢RCも平成14年に80人を割り込み平成16年以後は70人以下になっています。
現会員全員で頑張って増強・維持をしましょう。(N)

14:21 |未分類|
 
カレンダー
09 « 2014/10 » 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事
エントリー今年の親睦旅行
エントリー国際ロータリー会長エレクトの交代
エントリー細井ガバナー公式訪問
エントリー会員減少
エントリー地区ガバナーの資格

記事カテゴリ

月次アーカイブ
月次アーカイブ2017年09月(2件)
月次アーカイブ2017年08月(2件)
月次アーカイブ2017年07月(2件)
月次アーカイブ2017年06月(2件)
月次アーカイブ2017年05月(1件)
月次アーカイブ2017年04月(1件)
月次アーカイブ2017年03月(1件)
月次アーカイブ2017年02月(2件)
月次アーカイブ2017年01月(2件)
月次アーカイブ2016年12月(1件)
月次アーカイブ2016年11月(1件)
月次アーカイブ2016年10月(2件)
月次アーカイブ2016年09月(1件)
月次アーカイブ2016年08月(1件)
月次アーカイブ2016年07月(2件)
月次アーカイブ2016年06月(1件)
月次アーカイブ2016年05月(2件)
月次アーカイブ2016年04月(1件)
月次アーカイブ2016年03月(1件)
月次アーカイブ2016年02月(1件)
月次アーカイブ2016年01月(3件)
月次アーカイブ2015年12月(2件)
月次アーカイブ2015年11月(1件)
月次アーカイブ2015年10月(2件)
月次アーカイブ2015年09月(1件)
月次アーカイブ2015年08月(1件)
月次アーカイブ2015年07月(1件)
月次アーカイブ2015年06月(2件)
月次アーカイブ2015年05月(1件)
月次アーカイブ2015年04月(1件)
月次アーカイブ2015年03月(2件)
月次アーカイブ2015年02月(1件)
月次アーカイブ2015年01月(2件)
月次アーカイブ2014年12月(2件)
月次アーカイブ2014年11月(1件)
月次アーカイブ2014年10月(2件)
月次アーカイブ2014年09月(1件)
月次アーカイブ2014年08月(1件)
月次アーカイブ2014年07月(2件)
月次アーカイブ2013年05月(1件)
月次アーカイブ2013年03月(1件)
月次アーカイブ2013年02月(1件)
月次アーカイブ2013年01月(1件)
月次アーカイブ2012年12月(1件)
月次アーカイブ2012年11月(1件)
月次アーカイブ2012年10月(2件)
月次アーカイブ2012年09月(1件)
月次アーカイブ2012年08月(1件)
月次アーカイブ2012年07月(1件)
月次アーカイブ2012年06月(2件)
月次アーカイブ2012年05月(1件)
月次アーカイブ2012年04月(1件)
月次アーカイブ2012年03月(2件)
月次アーカイブ2012年02月(2件)
月次アーカイブ2012年01月(2件)
月次アーカイブ2011年12月(1件)
月次アーカイブ2011年11月(1件)
月次アーカイブ2011年10月(1件)
月次アーカイブ2011年09月(2件)
月次アーカイブ2011年08月(1件)
月次アーカイブ2011年07月(2件)
月次アーカイブ2011年06月(1件)
月次アーカイブ2011年04月(2件)
月次アーカイブ2011年03月(1件)
月次アーカイブ2011年02月(2件)
月次アーカイブ2011年01月(1件)
月次アーカイブ2010年12月(1件)
月次アーカイブ2010年11月(1件)
月次アーカイブ2010年09月(3件)
月次アーカイブ2010年08月(1件)
月次アーカイブ2010年07月(2件)
月次アーカイブ2010年06月(1件)
月次アーカイブ2010年05月(1件)
月次アーカイブ2010年04月(1件)
月次アーカイブ2010年03月(1件)
月次アーカイブ2010年02月(1件)
月次アーカイブ2009年11月(2件)
月次アーカイブ2009年10月(1件)
月次アーカイブ2009年07月(1件)
月次アーカイブ2009年06月(2件)
月次アーカイブ2009年05月(2件)
月次アーカイブ2009年04月(2件)
月次アーカイブ2009年03月(2件)
月次アーカイブ2009年02月(4件)
月次アーカイブ2009年01月(3件)
月次アーカイブ2008年12月(1件)
月次アーカイブ2008年11月(3件)
月次アーカイブ2008年10月(1件)
月次アーカイブ2008年09月(1件)
月次アーカイブ2008年08月(2件)
月次アーカイブ2008年07月(4件)
月次アーカイブ2008年05月(1件)

Powered By FC2