TOPページ > 所沢ロータリークラブブログ

TOP
お知らせ
所沢ロータリークラブとは
役員・委員会紹介
年間スケジュール
所沢RCブログ
会員企業リンク
理事会議事録

所沢ロータリークラブブログ

 

所沢の教育(卓話)と細則変更

2009/02/17(火)
本日(2月17日)は、所沢小学校の菅野校長先生に「所沢の学校教育の現況」について卓話をお願いしました。

大阪の橋下知事は、大阪府教育委員会を「くそ教育委員会」とののしっていましたが、大分の教員採用を巡る事件などもあって、教育委員会がその使命と責任を果たしていないとの見解には、同感する国民が多いと思います。

所沢の市民憲章は「子どもは市の宝」とうたっていますが、所沢の教育行政では「子どもの命」よりも「暇で元気な大人の楽しみ」を優先しています。

どういうことかと言えば市立の小中学校の校舎や体育館は耐震強度が不足していて、改修工事をしないと、地震の際に児童生徒の命にかかわる状況なのですが、予算がないという理由で、当初は10年以上、その後8年で完了させるという悠長な対応をしています。

ところが予算がないという割に、60億円ともいう豪華な中央公民館を旧町に建設して、その建設費や公民館の維持管理費が教育予算を圧迫しているのです。
公民館は元気で暇がある大人が楽しむ施設であり、第1線で働いている納税者や病人は、ほとんど使わない施設です。

市内には60人以上の人が宴会する施設がほとんどありません。
閑古鳥がないていても、公民館は教育施設ですから、商工会議所やロータリークラブの宴会(新年会など)には使えません。

ミューズは市長部局が大中小3つのホールなどを建設して、財団法人が維持管理しているので、宴会に使えます。
仮に旧町のシンボルという理由で、ミューズに負けない施設として、今と同じ設計で60億円もの施設を作るとしても、教育委員会ではなく市長部局が、仮称「旧町文化センター」として建設して、ミューズのように教育委員会もロータリークラブも使えるようにすれば良かったのです。

それはおいても文科省が中国四川省の大地震後に、ようやく耐震工事の前倒しを言い出し、今朝の新聞では、政府与党が未曾有の不景気対策として、耐震工事の更なる前倒しを発表していますが、教育委員会や教育関係者、あるいは市民憲章を推進する会関係者が、「大人が楽しむ施設(中央公民館)よりも子どもの命が先だ」と主張したのを、私は(一人の教育委員を除いて)聞いていません。

校長会やPTAは、耐震工事などの学校教育予算をもっと要求すべきだと申し上げたところ、菅野校長から意を強くしたとの感想があり、引き続き同校長から学校運営状況の卓話がありました。

次に当クラブの細則5条と10条の改正案を、2月4日全会員にお知らせし、本日の例会で賛否を問いましたところ承認され、新入会員杉山旭さんの入会式もあって、盛りだくさんの例会でした。

会長中井眞一郎
15:53 |例会|

卓話 所沢文化幼稚園 高橋知希先生

2009/02/13(金)
このたび、所沢ロータリークラブのご推薦により、
GSEチームの一員として、アメリカ、
ケンタッキー州を訪問いたしました。
卓話 所沢文化幼稚園 高橋知希先生

出発前には、約1年もの期間をかけて、
毎月研修会を行っていただきました。
貴重な時間をありがとうございました。

ロータリークラブのみなさんや
GSEの先輩方からの体験談を聞くことが出来、
大きな期待を持つことが出来ました。
お聞きしていたとおり、今までに
経験したことのないようなすばらしい体験で、
とてもよい時間を過ごすことができました。

ケンタッキー州の各地ではRCおよびロータリアンのみなさんがとても温かく迎え入れてくれました。
たくさんの出会いと別れ、初めて見るもの、初めて学んだこと、たくさんの経験が1ヶ月間の間に凝縮されていました。
今回のGSEプログラムは何事にも変えがたい貴重な経験となりました。

 ケンタッキーを訪れ、広大な自然・緑の美しさに感動しました。
果てしなく続く牧草地、どこまでも緑が続き、空の青さとのコントラストがすばらしいものでした。
日本のように四季もあり、私たちが訪れた4月は日本と同じように花がきれいに咲き乱れる春でした。
ケンタッキー州では家の庭にdog wood(ハナミズキ)が植えてある家がたくさんありました。

 ケンタッキー州での1ヶ月間はホームステイをして過ごすということで、出発前からかなりの緊張をしていました。
1ヶ月もの間、海外に滞在したことなんてありませんでしたし、ホームステイもしたことなんてなかった私にとって、英語の生活圏に入って1ヶ月間を過ごすことが一番の不安でした。

しかし、ホストファミリーに会ってみると、どのホストファミリーも「英語が話せないことなんて気にしなくていいよ。私たちだって日本語を話せないんだから。」と優しく言葉を掛けてくれました。
この言葉は私にとってとてもありがたいものであり、不安を取り除いてくれるものでした。

このように接してくれたことで、言葉の壁も次第に感じなくなり、少しずつではありましたがホストファミリーや関わったたくさんの方と英語での会話を自信を持って行うことが出来ました。

どの地区でも最高のもてなしで、私たちを歓迎してくれました。
ホストファミリーの方々には感謝の気持ちでいっぱいです。
大変お世話になりました。

そして、私の職業が幼稚園教諭ということからか、ホームステイをさせていただいた家庭の多くに子どもがいました。
毎日一緒に遊んで楽しく過ごし、一緒に折り紙を折ってみたり、日本語を教えてあげたりと異文化交流も行いました。

 また、アメリカの家庭では躾をきちんとしていました。
ご飯を食べている最中も、少しでもふざけるとお父さんやお母さんがすぐに注意していました。
その怒り方も、私がホームステイをしていてもお構い無しに厳しいものでした。本気で怒っていました。

家に誰が来ていようと、いつもと変わらぬ毎日の生活の中での躾をしっかりとしていることが見られ、子どもに対しての躾という部分を見ることが出来ました。

今回、私たちGSEメンバーは異業種が集まってのチーム編成となりました。

23:28 |卓話|

新入会員について(お願い)

2009/02/10(火)
昨年度(井花年度)は8名の新入会員を迎えました。
これまでの会員はイニシエーションスピーチなどを通じて
新入会員の経歴や趣味を知ることはできましたが、
新入会員からは先輩会員についての情報は少なく、
先輩会員と歓談する機会が少ないと感じております。

サポートをしていただく会員を1名お願いしておりますが、
毎例会一緒ということはできませんし、
例会でも宴会でもうっかりすると新人が
一人ぽつんと所在なげにいることになりかねません。

サポーターや紹介会員以外の方々にも、
新人に声をかけて歓談するように
心がけ下さるようにお願いします。

尚、時々例会の席をくじ引きにして、
色々な会員と食事をしながら歓談できるように
SAの井口さんにお願いしてあります。

昨年度入会者だけでなく、入会3年前後の
会員にも気配りをお願いします。

本年度は親睦例会の数を増やしたり、
通常例会に歓談の時間をもうけてありますので
ご活用頂ければ幸いです。

さて、はじめてポールハリスへエローになられた
市川みどり会員に認証状とバッジが送られて
きましたので本日の例会でお渡ししました。

又、昨年の高校総体への当クラブの協力に対して
所沢市から感謝状が贈呈されましたので、
例会でご披露しました。

今月の22日は市内5クラブの合同例会が
セレス所沢で、3月1日には市内5クラブの
共同事業である第7回子ども「とうきち」将棋大会が
文化会館で開催されます。

今後の例会変更についてはまとめて書面で
全会員にお知らせします。

本ホームページのお知らせ欄もご参照下さい。


会長中井眞一郎
14:39 |コラム|

節分コンサート

2009/02/03(火)
2月3日の節分例会は、所沢が生んだ
「ジュレップス」のミニコンサートでした。

本日は体調を崩しておられた創立会員の
斎藤昌俊会員が元気に復帰されました。

荻野会員とともにお二人の創立会員が
お元気で例会に出席され、更に新入会員の
承認もなされたうれしい報告の後、
メジャーデビューした「ジュレップス」の面々が
楽しいトークを交えながら30分という
限られた時間でデビュー曲などを熱唱して頂き、
アンコールにも応えて頂きました。

今月から例会振替と地区行事が多数ありますので
ご留意頂きたいと思います。

一部はお知らせ欄に掲載してありますから
ご覧下さい。
また本日の理事会で細則改正案が
承認されましたので、会員各位には
近日中に改正案をご送付します。

2月17日の例会でご承認をお願い申し上げます。


会長中井眞一郎
21:36 |コラム|
 
カレンダー
01 « 2009/02 » 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

最新記事
エントリー今年の親睦旅行
エントリー国際ロータリー会長エレクトの交代
エントリー細井ガバナー公式訪問
エントリー会員減少
エントリー地区ガバナーの資格

記事カテゴリ

月次アーカイブ
月次アーカイブ2017年09月(2件)
月次アーカイブ2017年08月(2件)
月次アーカイブ2017年07月(2件)
月次アーカイブ2017年06月(2件)
月次アーカイブ2017年05月(1件)
月次アーカイブ2017年04月(1件)
月次アーカイブ2017年03月(1件)
月次アーカイブ2017年02月(2件)
月次アーカイブ2017年01月(2件)
月次アーカイブ2016年12月(1件)
月次アーカイブ2016年11月(1件)
月次アーカイブ2016年10月(2件)
月次アーカイブ2016年09月(1件)
月次アーカイブ2016年08月(1件)
月次アーカイブ2016年07月(2件)
月次アーカイブ2016年06月(1件)
月次アーカイブ2016年05月(2件)
月次アーカイブ2016年04月(1件)
月次アーカイブ2016年03月(1件)
月次アーカイブ2016年02月(1件)
月次アーカイブ2016年01月(3件)
月次アーカイブ2015年12月(2件)
月次アーカイブ2015年11月(1件)
月次アーカイブ2015年10月(2件)
月次アーカイブ2015年09月(1件)
月次アーカイブ2015年08月(1件)
月次アーカイブ2015年07月(1件)
月次アーカイブ2015年06月(2件)
月次アーカイブ2015年05月(1件)
月次アーカイブ2015年04月(1件)
月次アーカイブ2015年03月(2件)
月次アーカイブ2015年02月(1件)
月次アーカイブ2015年01月(2件)
月次アーカイブ2014年12月(2件)
月次アーカイブ2014年11月(1件)
月次アーカイブ2014年10月(2件)
月次アーカイブ2014年09月(1件)
月次アーカイブ2014年08月(1件)
月次アーカイブ2014年07月(2件)
月次アーカイブ2013年05月(1件)
月次アーカイブ2013年03月(1件)
月次アーカイブ2013年02月(1件)
月次アーカイブ2013年01月(1件)
月次アーカイブ2012年12月(1件)
月次アーカイブ2012年11月(1件)
月次アーカイブ2012年10月(2件)
月次アーカイブ2012年09月(1件)
月次アーカイブ2012年08月(1件)
月次アーカイブ2012年07月(1件)
月次アーカイブ2012年06月(2件)
月次アーカイブ2012年05月(1件)
月次アーカイブ2012年04月(1件)
月次アーカイブ2012年03月(2件)
月次アーカイブ2012年02月(2件)
月次アーカイブ2012年01月(2件)
月次アーカイブ2011年12月(1件)
月次アーカイブ2011年11月(1件)
月次アーカイブ2011年10月(1件)
月次アーカイブ2011年09月(2件)
月次アーカイブ2011年08月(1件)
月次アーカイブ2011年07月(2件)
月次アーカイブ2011年06月(1件)
月次アーカイブ2011年04月(2件)
月次アーカイブ2011年03月(1件)
月次アーカイブ2011年02月(2件)
月次アーカイブ2011年01月(1件)
月次アーカイブ2010年12月(1件)
月次アーカイブ2010年11月(1件)
月次アーカイブ2010年09月(3件)
月次アーカイブ2010年08月(1件)
月次アーカイブ2010年07月(2件)
月次アーカイブ2010年06月(1件)
月次アーカイブ2010年05月(1件)
月次アーカイブ2010年04月(1件)
月次アーカイブ2010年03月(1件)
月次アーカイブ2010年02月(1件)
月次アーカイブ2009年11月(2件)
月次アーカイブ2009年10月(1件)
月次アーカイブ2009年07月(1件)
月次アーカイブ2009年06月(2件)
月次アーカイブ2009年05月(2件)
月次アーカイブ2009年04月(2件)
月次アーカイブ2009年03月(2件)
月次アーカイブ2009年02月(4件)
月次アーカイブ2009年01月(3件)
月次アーカイブ2008年12月(1件)
月次アーカイブ2008年11月(3件)
月次アーカイブ2008年10月(1件)
月次アーカイブ2008年09月(1件)
月次アーカイブ2008年08月(2件)
月次アーカイブ2008年07月(4件)
月次アーカイブ2008年05月(1件)

Powered By FC2